内装工事の概要

カテゴリー:内装工事

内装工事に入れば家の引き渡しまで後わずかです。
大工工事の段階では家の骨格程度だったのが、実際に住んだ感じが想像出来るような、家のディテールが見えてくる段階になります。
また、注文住宅の打ち合わせ時に色々と推敲し選んだ、トイレや浴槽、洗面台、システムキッチンが納入され、想像上にあった、キッチンやバス、トイレが現実化しますので、ワクワクする時期かもしれません。

そして内装工事から大きく変わるのは人です。
それまでは1人か2人でコツコツ、黙々と大工工事をしていた大工さんはいなくなり、ユニットバスやシステムキッチン、トイレ、クロス貼り、電気工事の業者さんが出入りするようになります。
そして最後には補修屋さんが大工さんや業者が傷つけた傷を綺麗に直して行ってくれます。

公開日時: 2013年07月21日  14:55:08

注文住宅の予備知識一覧に戻る

「内装工事」に関する他の記事

このページのトップに戻る