キッチン

カテゴリー:内装工事

システムキッチンについて

キッチンには、殆どの場合システムキッチンが導入されると思います。
システムキッチンのメーカーは多々あれど、機能はどれも似たり寄ったりです。
そのため選択する条件は、色やデザイン、メーカー独自の付加機能になってきます。
逆にメーカーは独自性で勝負することになりますので、選択の際はその点を重視すべきです。

キッチンの配置のタイプ

壁付きタイプ

メリット

壁に向かって調理をする事になりますが、部屋を広く使えます。
狭小住宅やダイニングキッチンがあまり広くない場合にお勧めです。
また、キッチンとダイニングの境界(仕切り)がないため、ダイレクトに移動ができ、動線を気にする必要もありません。
※対面式やアイランドタイプは、システムキッチン自体が仕切りになってしまいます。

デメリット

収納が壁側のみとなるため、収納スペースがあまり取れないのと、調理風景や、キッチン周りがリビングから丸見えになります。
また、友達や、来客の際にお尻を向けて調理する事になります。

対面タイプ

ダイニングテーブルに向かい合って調理するタイプです。

メリット

ダイニングキッチンの場合、テレビを見ながら、また小さな子供がいる場合は子供を見ながら調理が出来ます。
カウンターチェアを置けば、カウンターキッチンにもなります。

デメリット

調理スペースとしてある程度の幅を確保しなければなりません。
例えば収納や冷蔵庫の開け閉めに支障がない程度の広さが必要です。
また、キッチンとダイニングをつなぐ通路が狭くなる可能性があるため、動線の確保に注意が必要です。

アイランドタイプ

システムキッチンが離れ小島のように配置するタイプです。

メリット

対面式と同様にリビングを見ながら調理ができ、両側から出入りができるので開放感があり、対面式に比べて動線も広くなります。

デメリット

ある程度、広いキッチン、ダイニングキッチンが必要になります。
あまり広くない場合は、ダイニングやリビングを圧迫する事になります。

システムキッチンの考慮すべき機能

流し台(シンク)

以前はステンレス製のものが一般的でしたが、汚れや傷の付きにくい人工大理石製のものが増えてきました。
人工大理石製は、継ぎ目のないマーブルシンクが一般的で、汚れが溜まりません。
また、軽度の傷であれば擦れば消せます。

コンロ

コンロは一般的にドロップイン式になります。
選択の際に考慮すべきは、バーナー数と、掃除のし易さ、安全機能です。

バーナー数

バーナー数は通常は3口か4口のものが多いです。

掃除のし易さ

掃除のし易さについては、しる受け皿が無くフラットな構造の「しる受けレス構造」が人気があります。

安全機能

安全機能については、高温になったり、空焚きを防止のための温度センサー付きを選択すべきです。
高温になった場合、自動で火力を弱めて温度が一定以上にならないように自動制御してくれます。
また、火をつけたままでかけてしまった場合は、一定時間が経つと自動で消火してくれます。
更に吹きこぼれなどで火が消えてしまった場合は、自動でガスも止めてくれます。
※温度センサーを一時的に切れば、炒め物など、鍋を振る調理も出来ます。
安全機能については万が一のための抑止装置になりますので、特に慎重に選びましょう。

レンジフード(換気扇)

レンジフードで重視すべきなのは、効率性、静音性、手入れのし易さでしょう。

効率性

効率性は省エネも意味します。
どれだけ少ない電力で効率的に煙を吸引できるかは、レンジフードの最も重要な性能と言えるでしょう。
というのも、効率がよければ、少ない回転数に抑えられ、省電力、低騒音になるからです。

静音性

意外にもレンジフードに関しては静音性を謳った商品が殆どありません。
しかしレンジフードの騒音はテレビの音も聞こえないほど大きいものもあるため、考慮する項目に加えました。
レンジフードの騒音の原因は殆どが風切り音です。
従ってフードの設計に大きく依存します。
数は少ないですが、静音生にこだわったメーカーの商品も選択肢に加えてみてはどうでしょうか。

手入れのし易さ

手入れのし易さでは、フラットタイプが圧倒的に優れています。
掃除面積が小さく、フラットなので手軽に掃除が出来ます。

収納

システムキッチンには、通常収納もセットになっています。
キッチン下の収納は通常、引き出すタイプですが、とってが持ちやすく、大き目のものを選びましょう。
また、説明書には、誤って手を挟まないよう、取っ手を持って開け閉めするように注意書きがありますが、子供はそんな注意力はないですし、大人でも誤って手を挟む可能性があります。
引き出しタイプは重量があるため、勢いがなくても挟むとかなりのダメージがあります。
その他、比較的ゆっくり閉まるタイプなど、閉まる動作やスピードにも配慮した方がいいかもしれません。

システムキッチンにあった方がいい機能

食洗機

メリット

食洗機は必要ないという方もいますが、意外に手で洗うよりも綺麗に洗え、節水も出来ます。
また高温で乾燥するため、滅菌にもなります。
加えて、シンクに洗い物を溜めて置かずに済むため、清潔で見た目にもいいです。
何より、調理人の仕事が半減します。

また、ランニングコストについても、食洗機用洗剤は少量でも汚れは良く落ちますので、1ヶ月200〜300円で済みます。
※「フィニッシュ」の場合550グラムで約2ヶ月(61回)使用可能

デメリット

漆器、アルミ食器、クリスタルグラス、カットグラス、銀食器、金線・銀線・上絵付の食器等には使えません。
その他、食洗機使用不可のマグカップ等もいくつかありますので注意が必要です。

公開日時: 2013年07月28日  14:52:55

注文住宅の予備知識一覧に戻る

「内装工事」に関する他の記事

このページのトップに戻る