引越し2年後のパソコン部屋

見出し:パソコン部屋

2013年07月15日

引越しからもう2年が経ちましたが、パソコン部屋も少し変わりました。
まずWebサイトの制作やお絵かきマシンなど、今まではすべて自作の Windows マシンで行なっていましたが、2台のマシンを Mac に替えました。
※1台のみ Windows マシンを残しました。
引越し3年目のパソコン部屋のシステムデスク周り

それ以外は大きくは変わっていませんが、パソコンが変わるだけで部屋の雰囲気もかなり変わりますね。

特にシステムデスクがメープル調の無印良品のデスクと、天板が強化ガラスのサンワサプライのデスクに Mac はよく似合います。

また自作マシンの大きな筐体ではなく、小さな Mac mini やディスプレイ一体型の iMac は圧迫感がなく、部屋に馴染むというか違和感がなく落ち着いた感じになります。

新築2年くらいだと、埃もあまり積もらず、たまにクイックルワイパーで掃除をしていれば非常に綺麗です。
これは新築住宅の大きなメリットですね。
築年数がある程度経っている家だと、どんなに掃除をしてもすぐに埃がうっすらと積もり、結構気になってしまいます。
※以前住んでいたアパートはそうでした。

また、引っ越してみて独立したパソコン部屋を設ける事は重要だと思いました。
パソコンの特徴は筐体や配線がかさばる事、埃や液体に弱いこと、更に埃の多い部屋は漏電の可能性があり危険である事などが挙げられます。
つまり、子供にとってもパソコンは危険だし、パソコンにとっても子供は危険です。
そのためリビングの端っこなどにパソコンを置くよりも独立した部屋を設ける方がスッキリ配置できるし安全です。

加えて今思うのは、LANケーブルの屋内配線をしておけばもっと良かったかなという点です。
無線LANルーターでも2階のパソコン部屋まで、複数のルーターで中継すれば、何とか電波は届きますが、天気(雨など)によって電波の感度が違って来ます。
その点、有線なら安定しているし速いから、やはり有線が一番ですね。
もし設置を迷っている人がいれば、設置した方がいいと思います。

とりあえず、パソコン部屋については、今後しばらくは変わらないと思います。

公開日時: 2013年07月15日  10:02:33

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「パソコン部屋」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る