Mac mini 用の IPS 液晶モニターとキーボード、マウスを購入

見出し:パソコン部屋

2013年12月21日

少しずつ変わっていくパソコン部屋ですが、今回は Mac mini の液晶モニターを購入して交換しました。

購入したのは、それまで使っていたものと同じ23インチですが、これまでの液晶モニターは TN 方式で、視野角が狭いのが問題だったのです。

Webページの作成をしていると、グラデーションなどの画像も作成するのですが、視野角が狭いとグラデーションの感じが分かりにくく、特に画面の上部と下部では微妙に色の濃さが違って見えます。

見る角度によって色が違って見えるため、自分がしたい色に正確に調整されているか分かり辛いので、視野角の広い IPS 方式の三菱の液晶を購入しました。

また、iMac も持っているので、そちらに合わせてグレアパネルにしました。
グレアパネルは映り込みが問題とよく言われますが、個人的には全くそのような問題は感じず、発色も良く、従って文字や画像の視認性も高く、ノングレアよりも優れていると思います。

という事で、こちらが今のパソコン部屋になります。

パソコン部屋全体

左に Mac mini、右に iMac を配置しています。

Mac mini は小さいので分かりにくいですが、モニターの下に収まっています。

Mac miniの置いてあるデスク

iMac はお絵かきマシンでもあるので、普段はペンタブレットの上にキーボードを載せています。
iMacの置いてあるデスク

いつもは夜パソコンを使うことが多いのですが、スポットライトを上に向けて天井を照らし、間接照明として使っています。
また、自作PC(中央のデスク下のマシン)のキーボードとマウスを Microsoft Wireless Desktop 3000 に変更しました。
キーボードのキータッチ、マウスのクリック感も良く、サイズも小さめで気に入っています。
夜のパソコン部屋

パソコン部屋は、コンピュータを使う仕事をしている人や、 趣味で Web 作成やプログラミング、ゲーム等をする人にとっても、落ち着けるリラックス空間として拘る人も多いと思いますが、必ずしも広ければいいというものでもなく、住宅購入の際には部屋の一角(階段の下や2階の窓際など)に作り付けのパソコンテーブルを配置してもらい、小さなパソコンスペースを作ってみても面白いかもしれないですね。

公開日時: 2013年12月21日  20:07:50

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「パソコン部屋」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る