擁壁の解体と土地の掘削の実施

見出し:基礎工事

2011年02月07日

2/1から着工と聞いていたので早速現場を見に行くと、玄関の階段部分と車庫部分の擁壁と土が取り除かれていました。

上に登ってみると、何だか狭く感じますが、建物が建ってないせいと、深基礎を作る部分も含めて少し多めに削っているせいかもしれません。

来週には上下水道、ガス管工事、そして基礎工事が始まると思います。
建築会社との契約的には着工から完成まで120日なので、天候さえ問題なければ5月末には完成しているはずです。
ただ家の場合は深基礎で一部に擁壁も作る必要があるため、基礎の完成までは普通よりも少し時間がかかるかもしれません。
この状態からどのような順番で基礎を作って行くのか、結構興味があります。
一部というか、削った部分を完全にコンクリートで囲まないと難しそうなので、深基礎と同時に擁壁も先に作る気がします。

ちなみにもともとの擁壁(昔の日本の谷積)は結構しっかりしていて、内部はコンクリートで補強もされていました。

公開日時: 2011年02月07日  00:55:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「基礎工事」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る