住宅建築着工60日目(上棟3週間後):断熱材(発泡ウレタン)の吹き付け、フローリング張り

見出し:大工工事

2011年04月16日

今日で上棟3週間になります。

まず目に入ったのは積み重ねられた瓦です。
来週はいよいよ瓦が乗りそうです。


近くで見ると意外に大きいです。
緑一色ではなく、黒い模様?もあります。
もちろん遠くから見れば緑一色にしか見えないと思いますが、少し落ち着いた色になるのかもしれません。


そして、フローリングが貼られていました。
リビングから玄関方向の廊下を見たところです。
白いフローリングにしたため、爽やかというか、床がまぶしいです。


こちらは玄関ドア付近から中を見たところです。


そしてもう一つの目玉は、断熱材として発泡ウレタンが吹かれていたことです。
大震災の影響で、グラスウールが入手困難な状況で、発泡ウレタン工法になるかもと建築会社から言われていましたが、やはりこれでした。
ただ、発泡ウレタンの方が断熱効果は高く、綺麗に施工もされているので満足です。



一部には電気配線も来ていました。
これで夜の工事もできますね。


2階も少し覗きましたが、しっかり発泡ウレタンが吹かれています。


屋根の裏側までびっしりです。
これがフラット35Sレベルというものでしょうか。
この景色は圧巻ですね。
天井が付くともう見えないので、よく見ておきます。


という事で、工事はどんどん進んでいます。
来週は瓦が乗り、恐らく外壁も塗られていると思うので、更に楽しみです。

公開日時: 2011年04月16日  17:38:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「大工工事」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る