住宅建築着工53日目(上棟2週間後):水道メーター、玄関ドア、サッシの取り付け

見出し:大工工事

2011年04月09日

上棟から2週間が経ちました。
まず、足元から行くと、水道メーターが付いていました。


そして玄関ドアが取り付けられていました。
緑色のドアですが、まだ段ボールで覆われていて全貌は見えません。


先週は付いていなかったサッシ類もすべて取り付けが完了していました。


室内からリビング方向を見たところです。


こちらは室内からキッチン方向を見たところです。
窓が付くと一気に部屋らしくなります。


ちなみにサッシはTOSTEM製です。
10年保証のようです。


こちらはトイレ部分です。
トイレ用の窓が付いているせいか、トイレ空間というのが見て分かるようになりました。


こちらはバスルームです。
先週書いたようにパナソニック製の予定でしたが、東日本大震災の影響で急遽ヤマハ製に変更になり、納品が遅れます。


ユニットバス工事は4/29である旨の紙が貼られていました。
自分は5/2に有給休暇を取る予定ですが、丁度ゴールデンウィークの初めの日ですね。


玄関上の庇も出来ています。


グラスウールの断熱材が一部外に置いてありました。
これで全部という事はないと思いますが、もしかするとこれだけしか手に入れられなかったのかもしれません。
もしそうだとすると、発泡ウレタン工法になると思います。
フラット35S適合ならどちらでもいいです。
むしろ発泡ウレタンの方がグラスウールよりも断熱効果がかなり高いと聞きます。


マグ・イゾベール株式会社」製の断熱材のようですが、作っているのは茨城県のようです。
しかしホームページの情報では、明野工場が設備損壊の被害を受け、5月下旬の再稼働を目指して復旧作業中との事です。


上棟2週間で、思ったよりもかなり工事が進むものです。
ゴールデンウィーク頃にはユニットバスも付いて、大工工事はほぼ完了すると予想しています。

公開日時: 2011年04月09日  16:49:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

このページのトップに戻る