水栓・玄関ポーチ・玄関階段

カテゴリー:外構工事

水栓(立水栓)

水栓は通常、住宅とは別途見積になります。
家のデザインや庭の雰囲気に合わせて好きな組み合わせが選べますが、特にこだわりが無ければ、建築会社側が用意しているデザインから選択するのが一般的です。

水栓の種類

水栓の材質は以下の2つが主です。

材質

  • FRP(繊維強化プラスチック)
  • ステンレス製
またデザインは、代表的なものとして以下のようなものがあります。

デザイン

  • レンガ風
  • 枕木調
  • タイル調
  • 木目調
上記のデザインが一般的ですが、中でもレンガ風のものが人気が高いようです。
もちろん、純和風住宅の場合は木目調などが合うかもしれません。

玄関ポーチ

玄関ポーチや玄関階段のデザインは住宅の雰囲気に合わせるのが普通です。
洋風住宅やモダン系の住宅の場合、または玄関ポーチがあまり広くない場合は、タイル敷きが一般的で多いですが、少しオシャレなものにしたいなら、レンガ敷きや石張りも選択肢として候補に挙げられます。
また、組み方や敷き方によっても様相は大きく変わる事がありますので、ここは職人さんの腕の見せ所です。

玄関階段

玄関階段は通常、玄関ポーチとセットで施工する場合が多く、同じ職人さんが施工します。
なお、道路から玄関ポーチまでの高さがある場合や、凍結が発生する地域は、滑り止め処理や凍結防止処理、手すりなどが必要です。
また、小さな子供がいる場合は、2重(2段)手すりにしたり、転落防止ネットを取り付けた方がいいかもしれません。
このあたりは、外構の設計の段階で建築士と事前によく相談しておく事をお勧めします。
※住宅引渡し後、自分で業者に依頼すると工事代が比較的高くつきます。

公開日時: 2013年11月27日  20:01:07

注文住宅の予備知識一覧に戻る

「外構工事」に関する他の記事

このページのトップに戻る