外構工事の概要

カテゴリー:外構工事

外構工事は住宅竣工には含まれず、外構工事が完了していなくても、住宅竣工検査やフラット35の適合検査、金消契約(ローンの融資実行)、引渡しは可能です。

しかし、丘陵地など、玄関まで階段での昇り降りが必須の住宅では、住宅が引き渡されても、玄関階段が出来上がるまでは住むことができません。
これは予算ギリギリで建てている方にとっては意外な盲点で、想定外の出費になるかもしれません。
必ずしも住宅が竣工し引渡しされれば住めるようになるわけではありません。

また、玄関ポーチや階段ができても車を持っている方は、駐車場が出来上がるまでは現実的には引っ越しできません。

更に高い擁壁の上の住宅では転落防止のためのフェンスの設置も必須になります。

外構工事についての詳細を次ページから解説して行きます。

公開日時: 2013年11月16日  03:30:27

注文住宅の予備知識一覧に戻る

「外構工事」に関する他の記事

このページのトップに戻る