土地の手付け金支払いとフラット35Sの申請

見出し:住宅ローン審査

2010年11月04日

昨日、建築会社にて、地主に土地購入のための手付け金を払いました。
これでフラット35Sの審査(厳密には土地代に関しては銀行融資)が降りれば土地購入となります。
もし審査が降りなければ、土地の売買契約は白紙に戻し、手付け金は戻って来ます。
その旨も土地の売買契約書に明記してもらっています。

また、土地の手付金の支払い後、続けてフラット35Sの申請書類も書きました。
もちろん前回通ったときと同じ内容で書きました。
あとはとりあえず1~2週間審査結果を待つしかありません。

なお、来週に間取りとデザインの最終打ち合わせがあります。
その時までには本格的な設計図が出来上がっているはずです。
そしてフラット35Sの審査と、設計検査が通れば、12月中には土地のローンが融資され、土地を購入できるはずです。
土地を購入でき、建築確認が降りれば、14日以内に着工なので、今年中には着工できると思います。
着工といっても、まずは地盤調査がありますが。

公開日時: 2010年11月04日  07:59:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「住宅ローン審査」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る