ついに固定資産税の請求が来た

見出し:固定資産税

2011年05月06日

土地の評価額は472万円ちょっと、もちろん家屋の評価はまだ建ってないので0円です。
この土地の評価額に対して固定資産税が年66100円、都市計画税が11800円かかり、合計77900円でした。
家が建てば家屋の税金も取られる事になりますが、どのくらいになるか想像ができません。
普通は新築価格の6割程度が評価額になるようですが、自分がどの程度の価格で家を建てたかを分かるとも思えず、地域の平均的な価格から算出するのでしょうか。

なお、固定資産税については、「固定資産税額の減額措置」というのがあり、3年間は半額になるようです。
なので、とりあえず3年間は固定資産税の支払いは楽になりそうです。
ただ申請するためには建築士に「固定資産税減額証明書」を発行してもらう必要があり、今は土地だけの固定資産税なので、これはまだ申請できないみたいです。
それと申請は、3ヶ月以内とちょっと短めです。

もちろん住宅ローン控除も忘れずに確定申告しなければいけませんね。
ちなみに2年目以降は、会社の年末調整の申告の際に、「給与所得者の住宅借入金等特別控除申告書」等を勤務先に提出すれば、控除を受けられるみたいです。

ということで、時限的に控除を受けられるのは、
フラット35S ---> 10年間金利1.0%引き下げ
固定資産税額の減額措置 ---> 3年間固定資産税半額
住宅ローン控除 ---> 10年間年末残高等×1.0%の控除

10年後が怖いですが、そのために十分に準備しておかなければいけません。

公開日時: 2011年05月06日  20:43:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「固定資産税」に関する他のブログ記事
  • ついに固定資産税の請求が来た
    公開日時:2011年05月06日

このページのトップに戻る