土地のローンの金消契約(金銭消費貸借契約)

見出し:土地代決済

2010年12月03日

土地先行融資の土地のローンの金消契約(金銭消費貸借契約)を銀行でして来ました。

まず、銀行口座を作成するための手続きを行い、口座番号が発行されました。
その後、融資にあたっての説明を受けました。
変動金利と固定金利の違いや、金利の見直しや毎月の支払額の変更時期、支払いが遅延した場合や、支払い不能になった場合の事、自分が死んだ場合の事などです。
なお、支払遅延は日割りで遅延金が加算されますが、6か月以上遅延し、支払われる見込みがないと銀行が判断した場合、一括返済となります。
そのあたりの説明はきちんと聞いておく必要があります。
銀行によっては1回でも遅延すると金利優遇がなくなる所もありますから。
自分の場合は1.0%優遇ですがそれはないようです。

そしてその後は、各種申請書類、抵当権や個人情報取り扱いなどの書類を片っ端から書きました。
個人情報の取り扱いについての誓約書は支払い不能となり、債権回収会社に自分の情報を渡す時の為に記載します。
つまり最悪の場合に使用されることになります・・・。

最後にそれらの書類に実印を押し終了です。
思っていた程は大変ではありませんでしたが、それでも1時間45分くらいかかりました。

必要書類は、
・実印
・銀行口座用印鑑
・身分証明書(健康保険証)
・印鑑証明書(2通)
・住民票(2通)
でした。
とりあえずこれで融資実行日(決済日)まで待てば融資が実行されます。

因みに、地盤調査はいつのまにか行ったみたいで、地盤改良工事は必要ないとの事でした。
これが一番気になっていたので良かったです。
また、可動式間仕切りは本来オプションですが、タダにしてもらえる事になり、ダブルで良かったです。

明日は外構や電気配線などの設計の最終打ち合わせの為にまた建築会社に行ってきます。
設計検査は融資実行日までには降りるとの事です。
何だか一仕事終わった気分ですが、まだまだこれからです。

公開日時: 2010年12月03日  12:06:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「土地代決済」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る