住宅エコポイントの商品券30万ポイント分が届きました!

見出し:住宅エコポイント

2011年08月06日

今日、住宅エコポイントのJCBギフトカードの30万ポイント分(10万ポイント分x3)が佐川急便で届きました。

JCBのホームページでは申請から3ヶ月以内に届くと記載していますが、実際には11日程度で届きましたので意外に早いです。
10万ポイント分と言っても、500ポイントは送料で取られてしまいますので、実際は5000円商品券18枚と1000円商品券9枚、500円のQUOカード1枚の計99500円分が入っています。
それが3つなので計298500円分となります。

結構ずっしりです。
ついこの前、住宅エコポイントの申請が可能な建築工事の着工・着手期限が前倒しで平成23年7月31日になり、現在は既に終了してしまっています。
今考えてみればすごく貴重な時期に注文住宅を建てたと思います。
エコポイントには予算があるのは周知の事実ですが、もし駆け込み着工でその予算に達したらその時点で終了になりますので、早く着工するに越したことはないですね。

フラット35Sも然りです。
平成23年12月30日までの申し込み分まで適用だったのが、住宅エコポイントと同様に前倒しで現在は平成23年9月30日までとなっています。
10年間金利1.0%優遇はかなり大きいので、今住宅の建築や購入を考えている人はかなりあせると思います。

また、適用期間が前倒しになる背景にはエコカーの補助金終了に伴う駆け込み需要と同じく、住宅エコポイントやフラット35Sの駆け込み需要が発生し、申し込み数に拍車をかけているものと予想します。
住宅に関するエコポイントや金利優遇の恩恵は車の比ではないので、とりあえずフラット35Sの申請だけはしておこうという方も多いのではないでしょうか。
(フラット35Sの適用期限はあくまでもフラット35Sの申し込み日である点がポイントです。審査に合格した日ではありません。)

なお、もう住宅エコポイントについては申請が可能な住宅の着工時期は過ぎていますので、フラット35Sの申請さえしておけば、後は審査に合格することを願いながらゆっくりプランを考え、着工できるので気持ち的にも楽だと思います。
自分の場合は着工予定が当初昨年の12月半ばの予定でしたが、遅れて今年の2月半ばでしたのでかなりやきもきしました。
人によっては、運悪く着工が遅れたばかりに住宅エコポイントを手にできなかった方もいるのではないかと思います。
着工が遅れているだけでも不安なのに、それにより30万ポイントを逃したらさすがに建築会社を恨みたくもなると思います。

でも、逆に言えばこれから住宅を建てる人は住宅エコポイントの事はもう忘れるしかないのである意味すっきりですね。

公開日時: 2011年08月06日  16:29:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「住宅エコポイント」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る