隣の住人が購入予定の土地を自主占有?

見出し:土地探し

2010年10月20日

現在、建築会社に土地を確認してもらっていますが、ちょっと面倒な事がわかりました。
隣の住民が購入予定の土地の一部を無断で使用しているのです。
自転車置き場用のガレージを建てているのですが、その一部がこちらの土地内に建っています。

これはこちらの地主の所有権を侵害していることになり、不法行為です。

しかし民法162条2項には「時効取得」という条項があり、20年間他人の所有物であることを知った上で公然と自主占有している場合、その土地はその人のものになってしまいます。
他人の所有物であることをを知らない場合は10年ですが、そもそもその方が住宅を購入する際に、どこまでが自分の土地かは説明を受けているはずですし、境界線も引かれているのでその可能性はないと思います。
自主占有から20年経っていないことを祈ります。

購入できる土地面積が減ると、それに伴い建蔽率の関係から建てられる住宅の面積も減ることになります。
そうなると、その土地面積の場合3DKの間取りが難しくなってしまいます。
2DKの住宅では狭小住宅と言わざるを得ず、将来そこに住み続ける事を考えると、高い買い物をする気もなくなります。

ただこのあたりは建築会社と地主でやってくれるので、とりあえずどうなるかを見守るしかありません。

公開日時: 2010年10月20日  10:55:00

注文住宅ブログ記事一覧に戻る

「土地探し」に関する他のブログ記事

このページのトップに戻る